ヱフワンねーさん。

モータースポーツ中心に書いてるライターやまぐち禮の,F1を中心とした『モータースポーツ情報所見』。※お仕事に関する連絡はこちらまで★Twitter http://twitter.com/hgrn_6810_913
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 不調 | main | 治したところが痛いとは >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * - *
ブログパーツの種明かし
 私がこのブログにこっそりパーツを埋め込んでいるほど思い入れている,たぶん現在もっとも自分の中で熱い映画(邦画部門)をちょっくらご紹介。

 ◆『 SR サイタマノラッパー』 監督:入江悠
 http://sr-movie.com/

 コアなカウンターカルチャーの世界で立身する決意を固めたものの,自分の居場所はそれに対する理解など望むべくもない地方都市。さあどうする!?──とゆーのがこの映画の命題。
 主人公たちは「俺たちはラップで一人前になる!」と勇んでインディーズ活動を開始しますが,そこは東京から電車で数時間,田畑と老人と子供と人の噂話だけで作られた小さな街の中。いったい何から始めたらよいのか,ただただ悩むばかり……

 「同世代が東京で成功してるのに,こんな田舎で俺ら何やってるんだろう?」

 という『なにやってんだ俺感』を,地方で特殊性の高いカルチャーの世界にどっぷり浸かって生きてると必ず憶えるもんです。
 一瞬でもそんな気持ちになったことのある人には,絶対観てほしいっす。
 映画好きじゃなくても,いわゆるサブカル好きとかじゃなくても,とりあえず『木更津キャッツアイ』や『下妻物語』なんかがちょっとでも好きだとか共感できるとか思ったらおすすめしていいかも。

 埼玉県深谷市出身の若い若い監督の,これまで見て来たものをすべて盛り込んだような私小説と言ってもいいくらいの映画。

 笑えます。ほろりときます。
 んで,甘酸っぱいです。そんでもって,痛〜いです。
 この痛さがわかる人はとりあえずみんな俺んとこに来い(笑)。
 わかんない人は,,,帰ってくれ(笑)
本・映画・音楽 * 01:48 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
- * 01:48 * - * - *









http://f1-sista.jugem.jp/trackback/730
<<new |  / pages | old>>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
  • 開幕戦と、遅延のお詫びと
    mina (03/30)
  • 新年のご挨拶&セナ映画の感想
    hope (01/05)
  • エンジン1つで変わるもんです
    くま (12/21)
  • エンジン1つで変わるもんです
    なめ (12/18)
  • 「モータースポーツ愛好家」のイメージは内外で乖離している
    shishimaru (02/15)
  • 「モータースポーツ愛好家」のイメージは内外で乖離している
    こひな (02/14)
  • 「モータースポーツ愛好家」のイメージは内外で乖離している
    GOママ (02/13)
  • 「モータースポーツ愛好家」のイメージは内外で乖離している
    悪のOL (02/11)
  • 「モータースポーツ愛好家」のイメージは内外で乖離している
    min (02/11)
  • 「モータースポーツ愛好家」のイメージは内外で乖離している
    ko (02/08)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
       
COUNTER
 
 あわせて読みたい
SCOUTER
OTHERS